IT業界の労働形態

IT業界は3Kまたは7Kと言われ、「きつい、帰れない、規則が厳しい、給料が安い、休暇がとれない、化粧が乗らない、結婚出来ない」などと言われています。実際の業界はこのイメージ通りというわけでもないようですが、他の分野の働き方と比較すれば、やはり異質なものだとは思います。

そもそも下請け体質であるので、顧客から提示される条件や納期は絶対に守らなくてはなりません。ですがこうした企業というのはたくさんあるので必然的価格競争になります。そうすればあとはどれだけ低価格化で高品質のものを短期間で提供できるか、ということになるので、結果的に仕事量が多くなってしまうのです。本来であれば、納期を守ればその働き方は自由という、裁量労働制に向いているのですが、下請け体質である故に大変になってしまっているのです。

IT企業では残業代込みで給料が支払われているところも少なくありません。それは、見ようによっては残業ありきの仕事ですが、可能ではないかもしれませんが残業をすることがなかったら丸儲けな給料システムでもあります。他の分野とは労働形態が違うので、比較してしまうとどうしても異質であり、3Kと言われることもあるかもしれません。確かに世間での評価やイメージは高いとはいえないかもしれませんが、一概には言えることではありません。

IT技術の発展が国の発展とイコールになっている時代です、国内でのイメージや評価を上げて人材が集まるようにしなければ、日本の未来も明るいものにならないのではないでしょうか。

余談ですが、実際、3K、7Kと言われるIT業界ですが、経験やスキルを身につけて独立する人も少なくありません。これは、ITの未来が明るいものであるからこそでしょう。事実、私の知人は年配ですが、長年培ったスキルをもとに自身で開業しました。そして、今も活き活きと活躍しています。もし、現役のエンジニアでキャリアパスに悩んでいる人がいたら、「中堅SEのためのフリーランス講座」をご紹介したいです。中堅だからこそ活かせる道があることを知ってもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です